BLOG

【ヘルパー体験記:りりかちゃん】

実家がお豆腐屋さんの大学2年生、りりかちゃん。

ヘルパーをしてみたいと連絡をくれて、浦幌町にやってきてくれました。

北海道や浦幌町に縁もゆかりもなかった彼女の、ヘルパー体験はどうだったんでしょう…?

スタッフ工藤がインタビューしちゃいました!

———————————————————

――さっそく、ハハハのヘルパーをやろうと思ってくれたきっかけを教えて!

大学が夏休みになって、何かしたいと思っていたのと、
シェアハウスやゲストハウスみたいに、知らない人同士が集まる場に元々興味がありました。

どうせ何かするなら今いる地域じゃないところがいいな~と思いながら、
ネットで探していたら、ハハハのヘルパー募集の記事がヒットして「これだ!」と連絡しました。

知ってる世界が少ないから、いろんな新しいことをしてみて、価値観を広げたいとも思ってましたね。

――行ったことない場所に飛び込んだわけだ!浦幌に来る前は、不安とか心配なことは無かった?

1人で飛行機に乗ったり、1人で遠くに行くことが初めてに近かったので、
本当に無事に到着するかがドキドキでした…(笑)

ヘルパーのお仕事自体に関しては、お仕事内容が想像しにくいけれど、
ゲストハウスって楽しい場だから、働く側もきっと楽しそうだ!と思ってましたね。

――実際にヘルパーのお仕事をやってみてどうだった?

本当にマイナス点がみつからないんですよね……それくらい楽しかったです!

お掃除は、お客さんに綺麗だと思ってもらえるようにしようと動いたら、自然と綺麗になるし、
ここにゴミが落ちてたら嫌だな~とか、シーツのここにシワがあったら気になるよな~とか、
そういう考え方が身に付きました。

大変だったことは、薪運びのときに薪を並べる作業が難しかったくらいですかね?
でも、お客さんがこの薪を見たらきっと喜んでくれるだろうなー!と思えて…
やっぱりすごく楽しかったです!

――楽しんでくれて本当に嬉しい…!りりかちゃんは、浦幌の一次産業にも積極的に関わってくれたね。

ハマナスの収穫体験、農家さんや牧場のお手伝いを少しと、浦幌木炭にも行きました。
農家さんのところにお邪魔したときは、畑が本当に広くて「わたし本当に北海道にいるんだ…!北海道ぽい…!」って思いました(笑)

――私も、浦幌とか十勝の畑をみて、本当に広いなって思った(笑)滞在中、特に印象に残ったことはあるかな?

浦幌木炭の職人さんとの出会いですね。
作業中はずっと職人さんと一緒だったんですけど、職人気質な方だと聞いていたのでドキドキしてたんですが…
作業する日を重ねるごとに、色んなお話をしてくださるようになったんですよね。

伝統的なものが薄れてしまうことが多くなっているなかで、様々なことを機械で効率化をするのが必ずしも良いとは限らないというか。自分をその場に落とし込んでいったり、深く関わっていくと良いことがあるな~と思った出来事でした。

――ハハハスタッフと一緒に働いてみての感想も、聞かせてほしい!

いい意味でドライ!距離感が程よくて、田舎によくある干渉しすぎるみたいなところが無かったので、
お互いの時間を大事にしつつ…なんていうんだろう…「あたたかいドライ」だな~って思いました!(笑)

――新しい言葉ができた(笑)では最後に、ひと言いただいてもいいですか!

次ヘルパーに来る方には、嫌じゃなければいろんな方とお話をするのがオススメです!
私みたいに、今後のことがまだ決まってなかったり分からないという人には、
いろんな体験をするだけじゃなくて、なんで浦幌にいるのかとか、その人の人となりを聞いてみると良いんじゃないかと思います。

浦幌は、今まで縁のなかった人にも温かく接してくれて、気にかけてくれる人ばかりだし、
ご飯が美味しいし、SNSで見れる情報だけじゃない!気兼ねなく来てください!

私がまたここに来たら、会いたい人がたくさんいます。
全部充実したな~…次はもっと浦幌木炭に長くいたい…!

———————————————————

知らないことだらけの環境で、約2週間いろんなことを楽しんでやってくれたりりかちゃん。
おっちょこちょいな一面もありながら、とんでもなくタフで、
最終日には、道の駅で飾り木炭を買っていきました。最高だ…

またいつでも遊びにきてね!
浦幌から、りりかちゃんを応援しています~!

関連記事一覧

PAGE TOP
BOOKING予約する