BLOG

【ヘルパー体験記】はるちゃん

千葉県出身のジャルジャルが大好きな大学生 はるちゃん。
一次産業や道東エリアに興味があって、大学の春休みを使ってハハハにきてくれました。

浦幌に来るのは初めてだった彼女の、ヘルパー滞在はどうだったんでしょう…?
スタッフ工藤がインタビューしちゃいました!

———————————————————

――ではではさっそく、ヘルパー応募のきっかけを教えてください!

元々北海道が好きなのと、人の繋がりがきっかけです!
SNSを見てたら、北海道でアクティブに動いている学生を発見したんです。
気になるな~と思って連絡をとってみたら、また別の方と繋げてもらって北海道の情報をいろいろ教えていただきました。
そのなかで、長期滞在するならここ!とハハハのヘルパーを紹介してもらって、応募しました!

――ヘルパーのお仕事は初めてだった?

初めてでした。やったことないけど、頼まれたことはちゃんと頑張ろう!って思って来ました(笑)

――やる前に想像していたことと、実際にやってみて何かギャップはあった?

時間ぎちぎちで働くのかなと考えてたんですが、実際にやってみたら余白があるというか。
1日のなかで、意外と自由な時間があるな~と感じました!

清掃をしてるときに「この掃除は家に帰ってもやってみよ~」って思うことがあったので、 生活力が上がったはず(笑)嫌だった仕事は特に無いんですよね…生活の一部だったからかな。

浦幌で過ごすというところでは寒さの心配があったんですが、 防寒グッズを身につけていれば大丈夫だったし、
髪色が明るいので嫌われないだろうか…と考えていたんですが、これも大丈夫でした(笑)

――はるちゃんはお仕事覚えるのがはやくて、とても助かってました…!他に、滞在中に印象的だったことはある?

「人が人を呼ぶ」ことが多かったです。こっちに来て誰かと何かする、ということを元々考えてなかったんですが、地域の人がハハハに来たときに話しかけてみたことがきっかけで、お仕事を見学させていただくことができたり、新しい人との出会いがあったり…少し勇気を出してみたら、毎日何かしら予定を立てることができました!

(ちなみに、はるちゃんはとてもフッ軽でヘルパー業務のお休みには一人旅にも行ってました)

――町内でお気に入りの場所はできた?

博物館です!学芸員の持田さんとお話できたのが大きかったです。森づくりの話から、ひとづくり・まちづくり、人口の話に繋がって…すごく興味深いお話ばかりで楽しかった…!

――ハハハスタッフと一緒に働いてみての感想も、聞かせてほしい!

小松さんは、無駄がない人だなって(笑)年齢がまだ若いのに、しっかりされててすごいな~ってずっと思ってました。
ありささんは、薪ストーブの前でがっつり3時間くらい話したときから一気に距離が縮まって…とてもアツい時間でしたよね(笑)あれがあって緊張がとけたな~。

――ありがとう!では最後に、ひと言いただいてもいいですか

10日間の滞在、すごく楽しかったです!ありきたりな言葉かもしれないですけど、ここに来る交通費とちょっとした勇気があれば、新しい世界が見えてくると思います。
ハハハに来たら背中を押してくれるスタッフがいるので、その波にはぜひ乗ってもらいたいです。
滞在期間が短くても、知り合いがいなくても、 ちょっとでも気になったらぜひ連絡してみてください!きっと楽しめます!
———————————————————

ヘルパーのお仕事ひとつひとつ、黙々と一生懸命取り組んでくれたはるちゃん。
興味のあること・好きなものに真っすぐなところと、独自のアンテナの張り方がかけ合わさって、
はるちゃんの話を聞くたびに、とってもワクワクしていました。

これからどんなことにチャレンジしていくんだろう…いまから楽しみです!
いつでも帰ってきてね~!浦幌から応援しています!

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP
BOOKING予約する